予定日超過と鍼灸

予定日を大幅に過ぎると、母子ともに負担が増えていきます。基本は、お医者さんの指示をよく聞きながら、体の変化を注意深く観察することですが、鍼やお灸も予定日超過に対応した施術があります。

予定日を大幅に過ぎると、多くは帝王切開になるようです。41週は様子見で、42週に入る前に誘発分娩を行うパターンが多いようです。鍼灸施術は誘発以外の数少ない選択肢となりますので、急に不安に襲われた際には、検討してみて欲しいと思います。

多くの場合、逆子になったことで鍼灸施術があることを知る人が多いのですが、体のバランスを整えるのが鍼灸の真骨頂ですので、赤ちゃんを余裕を持って迎えてあげるための体づくりは、早めに行なうことをオススメします。

ちなみに、予定日に産まれる確立は20人に1人の6.3%だそうですので、予定日にこだわり過ぎる必要は無さそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします